2012年10月13日

LNOE:Timber Peak初プレイ

先日(10/08)に Timber Peak をやってみた。ゾンビプレイヤー担当で。

これがまた終始有利な展開で、制限ターン数の半分くらいで終了。
ヒーロー側の2人からは納得できないとの声。

カードがあまり良くシャッフルできていなかったせいかもしれない。
あとは、2人ともLNOEのルールがうろ覚えになっていたことか。

む、ヒーローがガソリンでゾンビ爆殺した時に経験トークン渡さなかったような気が。
これはルール間違えたかな。

まあ来月にリターンマッチしてもらうということで、やり直しかしらん。
posted by NiKe at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

ゲーム購入(2005/04/04)カードゲーム2種

1週間以上経ってるけど、書いておこう。

Creatures & Cultists (Pagan Publishing / EOS Press)
昔、Pagan Publishingから出ていた、クトゥルー神話ネタの同名カードゲームのリメイク。プレイヤーは邪神を崇めるカルトのリーダーで、他のカルトと争います。

 「ヨグ=ソトートこそ真の神!あの醜い頭足類を奉じる馬鹿どもは死ぬのだ!」

……みたいな感じで。マシンガンやトラックで攻撃したり、怪物を召喚して差し向けたり。他のカルトが全滅するか、敵を殺して貯めたポイントを使い「神」を召喚できれば勝ち。なかなか楽しい殴り合いゲームです。

多分カードの内容やルールは旧版と変わってないと思うけど、チェックはしてません。でもカードがカラーになって、イラストをドーク・タワーのJohn Kovalicが描いてます。

Warriors (Face 2 Face Games)
戦乱のファンタジー世界で、6つの種族を率いて覇を競うというカードゲーム。
配られたカードを種族ごとにまとめて場に置き、「Nation」(国、かな?)を構成。プレイは3ラウンドから成っており、各ラウンドの開始で増援のカードを受け取ります。そのカードの中に「攻撃カード」があれば、それを使って他国を攻撃します。攻め手・受け手がサイコロを振り合って、負けた側はカードを失っていきます。攻め手が退かなければ、どちらかが全滅するまで1回の攻撃が続きます。下手すると攻めた側が全滅することもある、というのがミソ。また、通常の攻撃とは別に投石器(カタパルト)を使った攻撃もあり、こちらは1/2の確率で狙ったカード1枚を撃破します。投石器のカードは使い捨てだけど何時使ってもいいので、戦闘が荒れます(笑)。
 
最後に場に残ったカードで、ある種族を最も多く有しているプレイヤーはその種族に応じた点数を獲得。さらにそれまで倒したカードによっても点数を受け取ります。言うまでもなく、最も点数の高いプレイヤーが勝者です。

しかしこれ、アラン・R・ムーンが共作者になってるけど、監修くらいの立場だったんでしょうねえ。あの人にしては“荒っぽい”ゲームだから。

Dragon Hordes (Face 2 Face Games)
Warriorsの第1エクスパンション。でも第2が出るかどうかは分からないんですけどね(笑)。
このセットは新勢力としてドラゴンを追加します。強いよドラゴン。常に単独でしか行動できないけど、単体で軍隊並みの力です。
それとカード枚数が増えるので、基本セットでは最大4人プレイだったのが最大6人プレイになります。5人以下、あるいは4人以下でもっと沢山カードを使うオプションルールもあり。派手だなあ(笑)。

posted by NiKe at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

FGAMEの閉鎖に思う

@nifty(旧Nifty-Serve)のパソコン通信サービスが3/31で終了した、そうです。もう長いことフォーラムを見に行ってないからそんなに気にもならなかったのだけど。

覗いてみて知ったのは、FGAMEが3月半ばでもう閉鎖していたということ。
@niftyがネット上に作っているフォーラムにはFGAMEが継承されていないこと。
正直『あのFGAMEが?!』と思いました。あのFGAMEからそんなに人が消えていたのか。

私見だけどFGAMEが無ければ今のボードゲーム流通は無かったと思う。現状はカタンブームのおかげだろうと思うのですよ。そして、そのカタンブームは“メビウス便”が無ければあり得なかっただろうと思うし、“メビウス便”を成立させたのは他ならぬFGAMEのはずなのだ。

けど、FGAMEが消えたからと言って現状から後退するわけでもない。新しい“何か”が起こるための場所はちゃんとどこかにあるだろうとも思います。寂しいけど、「発展的解消を遂げた」と考えるべきなんでしょうねえ。

まあしかしなんだな。FRPGMが消えたと聞いたときは「せいせいした」と思ったし、FRPGSが消えたと聞かされても「そりゃ大変だなぁ」としか思わんのだよなぁ(FRPGSは後継サイトが自主的に作られているようですが)。我ながら現金なもんです(笑)。
posted by NiKe at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

ゲーム購入(2005/03/29、2005/03/30)火吹山の魔法使い、他

考えてみれば、買ったのは世間的に言えば本と雑誌だけでゲームじゃない(笑)

[2005/03/29]

・『火吹山の魔法使い』(扶桑社)
 行きつけの本屋で平積みを発見。まあ買う気はあったし、さっさと掴みました。
 しかし840円(税込)とは言え、文庫で出るとはねえ〜。
 創土社より扶桑社の方が体力あるのかなあ。

[2005/03/30]

・Role & Roll Vol.11 (新紀元社)
 今回の特集はゲヘナ、それと「GM座談会」ですか。
 ん〜、このへんが今は“中堅どころ”と呼ばれるのか……。

 まあ私的には「六門世界RPG」のサポートが重要。
 新クラスが2つ追加されたけど、どう使おう?
posted by NiKe at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

ゲーム購入(2005/03/27)

昨日買ってきたモノ。

Tekumel: Empire of the Petal Throne (Guardians of Order)
 かの有名な「Empire of the Petal Throne」のリメイク。
 しかもGOOだから当然のように Tri-Stat dX を使ってるし。
 でも手に取った時、真っ先に思ったのは『ハードカバーで分厚いのに軽い!』でした。
 (いや、中味も面白そうなんだけど)

Eden Studio Presents Vol.2 (Eden Studios)
 Edenお得意のUnisystem(WitchCraftとか、AFMBEとかの基本システム)。
 そのUnisystem全般に使える汎用サプリの2冊目。
 “正義の”ヴァンパイア用アーキタイプが載ってました。

・RPGamer 9号 (国際通信社)
 宇宙艦隊戦特集。
 付録ゲームが「ダーク・ネビュラ」だからなんだろうなあ。
 RPGのための特集としてはどんなもんでしょうか、という気もします(笑)。

買ったその足でそのまま友人の見舞いに行ってしまった。
結果的に、RPGamerが良いネタになってくれました。
ありがとう国際通信社(笑)。
posted by NiKe at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

ゲーム購入(2004/10/16)

今回は全部Guardians of Order(GOO)の製品でした。

Ex Machina
 Tri-Stat dXシステムによる汎用サイバーパンクRPG。
 これは2d8で判定するので「Tri-Stat d8」ということになるのか?
 GOOはこの調子でTri-Stat dXを充実させていくつもりなのかもしれない。
 4つの背景設定を収録。

Hellsing d20
 アニメ『ヘルシング』の資料本、BESM d20でプレイするためのデータが付属。

BESM Revolutinary Girl Utena: Book 1
 『少女革命ウテナ』#1〜13の資料、BESMでプレイできるデータ付属。

Fushigi Yugi: Ultimate Fun Guide #3
 『ふしぎ遊戯』#27〜44の資料、BESMでプレイできるデータ付属。

Authority RPGというのもあったんだけど、これは見送りました。
原作もので、それがまた知らない作品だったので。
見た感じは面白そうだったんですけどね。
posted by NiKe at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

ゲーム購入(2004/10/08)

GURPS GM's Screen購入。これが初めて出た4e製品ということになるわけだ。シュリンクラップで包装されてて、まだ開けてません。

(まだ昨日から晩飯も食ってないな(苦笑))

新しいキャラクタシートが入ってるとかキャラクタ作成用の一覧表(昔の Instant Characters みたいなもの?)が入ってるとかいう話なので開けるのが楽しみ。

それと、Cardboard Heroes: Modern Charactersも買った。でも多分、使うことはないやろなあ、これ。
posted by NiKe at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする