2004年10月08日

GURPS 4e 読解[01] 〜 2分冊でボリュームたっぷり 〜

さて、GURPS 4e、つまりGURPSの第4版について。2chとかでは必ず「第4版」と呼ぶことに決めてるのだけど、ここでは「4e」で済ませます。

正確にはGURPS Basic Set 4th Editionの読解、と言うべきかな。ちなみにSteve Jackson Gamesは単にGURPS Basic Setとだけ呼んでるんですよね。4eは新しいGURPSだ、ここから再スタートだ、ってことなんだろうなあ。

デラックス版の到着が09/03、通常版を買ってきたのが09/04、もう1ヵ月以上前です。さすがにある程度は分かってきましたね。

でもまあ、取り敢えずはスペック(?)から。中味の話はおいおいと。

----

Basic Set は2分冊。

Characters:キャラクタ作成用。戦闘ルールの縮小版が付いているので、プレイヤーはこれだけでプレイできる……ということになっている。
Campaigns:一般行為判定、戦闘、乗り物、動物、その他諸々。

Charactersが336ページ、Campaignsが240ページ(どちらも表紙はページ数に含まず)。
ハードカバーで全ページがフルカラー。
ページ番号は連番になっているので、Campaignsは337〜576ページです。

しかしほんと、手に持つと重いなあ(汗)。

で、ページと背表紙の間は浮かせてあって、糊で綴じた部分は布で補強しているらしいんだが……。Charactersの方は分厚いせいか、なんかえらいことに。バカッと開いちゃってますよ。あともう一押しでページが抜けそうな感じ。

つくりそのものに問題があるらしく、実際にページが抜けてしまった人も(世界には)いるようです。今、SJGは本がバラけちゃった人には無料で代わりを送るようにしているらしい。大変だなあ。
posted by NiKe at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | GURPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。