2005年03月31日

デイパックで蠢くもの

昨日、帰りの地下鉄車内での体験。

手摺りに掴まって立っていると、何か妙な音が聞こえます。まるで生き物の息づかいのような、そんな音が、周囲の雑音に混じってかすかに。

『ああ、犬だな』と思って見渡してみたけれど、バスケットとかを持っている人がいない。犬を抱いてるおばちゃんでもいるかと思ったけれど、そんな人もいない。これは何かと勘違いしたのかなと考えて、それからしばらくしたら……

ナイロン地をひっかくような音がして、ふと気付くと、目の前で座ってる若い男(スーツを着ていたから会社員か?)が抱えているデイパックが……動いて、というより蠢いていました。うげえ。

まーなんかちょっと酔ってる風な顔色だったけどね。いやしかし。
もしあの中身が犬ではなく『何か別の名状し難きもの』だったら、とかつい考えてしまうのはゲーマーの性とゆうものでしょうか(苦笑)。
posted by NiKe at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。