2010年11月25日

「エンドブレイカー!」の一般判定:自動成功の確率計算

最近お気に入りのTRPG「エンドブレイカー!」について、システム関係の計算をしてみた。
(これはメモ的なエントリなのでルールの解説は省きます。すぐに意味が知りたい人はルールブックを参照のこと)

ダブルトリガー込みで2dを振った結果、「6」が1つも出ない確率を E0 とする。ここで出目について場合分けをして式を立てると、E0 についての2次方程式が導ける。そこから
E0 = 14 - 6 * √5
であることが分かる。
さらに「6」が1つだけ出る確率を E1 として、同じように式を作ると、E0E1 からなる1次方程式が導き出せて、
E1 = (3 / 5) * √5 - 1
が得られる。
「6」が2つ以上出る確率が (1 - E0 - E1) であることはすぐに分かるので、自動成功の確率は
(27 / 5) * √5 - 12
であることが導き出せた。

計算してみるとこれは約7.48%であり、2d6で11以上を振る確率よりやや小さい数値である。

※実は10月13日、プレイ前に書いたもの。今月半ばに初プレイしたのでそのへんの感想も書きたいところ。
posted by NiKe at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | RPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。